給与形態の日給制について

NAVIGATION

日給制度が持っている特性

給与形態の日給制について 日給は一日を構成単位という形で、賃金計算をするというシステムといえます。日雇い制の派遣などには原則的にこちらの支払のための方法が活用されています。アルバイトであったりパートタイマーのケースでは、日給月給制が取り扱われている会社もあります。

報酬の構成単位は一日あたりで出されますが、お給料の支払そのものはひと月分がひとまとめにして払われるという形式です。1ヶ月で決まった額の金額が受け取れる月給制とは相違して、勤務した日数だけ賃金が生じるので、ひと月の受取額は変移します。

勤務が多く、連日勤務している場合は、就業した日にちが多いほどお給料がたくさんになります。原則として当日の仕事終了時に報酬の受取りをするので、連日即座にお金を受け取ることが出来るというプラスの面があります。一定以上のお金をスピーディーに稼ぎたいという意識がある方には日給制を有効に活用すると何かと便利です。その一方で、業種やシーズンにも非常に大きく影響を受け、仕事の多くないシーズンには労働日数も減ってしまうことから、賃金も減額してしまうというところは留意しないとなりません。加えて、月曜日〜金曜日のみの場合は、日曜であるとか祝日がたくさんある月にも賃金はあまり無くなります。仕事選択のときは、希望している企業がいずれの支払制度を活用されているのかを確認しておくことが大切です。