給与形態の日給制について

NAVIGATION

様々な職業に関しての日給

給与形態の日給制について 10年前にフリーターをしていた自分は、よく日雇いの仕事でお金を稼いで居た時期が有りました。殆どの日給の仕事であったため通常時間より早く終わっても日当は変わらず頂いていました。ラッキーな日もあればアンラッキーの日もあり、働いていて凄くしんどいと感じる事も多々あり、いつしか安定した職探しをと考えるようになりました。またそれは結婚を前提した女性の存在が有ったことが大きくこのことが人生を左右することになる事はその当時には見当も付きませんでした。彼女のお腹に新しい命が芽生えた事で、より今の生活を一新するように考え、籍を入れると共に安定した会社に就職しました。面接した時にこちらの希望として月給制を求めましたが、最初の3か月間は研修期間という事で日給制での仕事で決められました。

3か月たった後、正式に会社の正社員になり給与も月給制になりました。只日給制の時より幾らか減ったような気がしましたが、それは安定を求める上では仕方がない事と割り切り仕事に打ち込みました。それからは家族仲良く暮らしていけ、生活の方も順調に過ごせていけるようにまでなりました。今思えばあの時の決断がすべてで有ったことは言うまでもなく、日給のお仕事で得た事は人生で最大の幸せをつかむ事でありました。