給与形態の日給制について

NAVIGATION

給与形態の日給制について

給与形態の日給制について 人は、働いた対価として、給与をもらうことが当然になっています。今の時代、物々交換と言うことは有りえないと言われ、仕事を終えたことで、給与と言うお金を手に入れることが、普通の手段になっています。ですが、この対価のもらい方には、いろいろな種類があります。一般のサラリーマンと言われる人たちが、得る対価の多くは、月給制と言われる形になっているはずです。この支払い形態は、月の日数は関係ありません。一ヶ月の給料が、いくらと決まっていることで、働く日数に影響されることはありません。

この形に似ているのが、年棒制と言われる、年額の契約になります。一年間でいくらと言うことになり、働く日数は関係のないことになります。会社役員であるとか、スポーツ選手などに多い形態と言われます。これらの形とは全く違うもので、時間だけ縛られるものが、時給制になります。働く時間を給与として計算します。ですから、8時間働いた時点で、時給換算をすることで、いくらもらえるのか、判ることになります。

またこの他にも、日給制と言うパターンが存在します。これは、一日の中で、何時間仕事をしても、一日の給与が決まっている人です。この契約をした人の仕事が、3時間で終わっても、8時間かかったとしても、もらえる金額は、同じと言うことになります。